ED治療薬を服用すると同時に体調管理にも注意

勃起不全など年齢を重ねると増える男性の悩みを解消する手助けになるのがED治療薬です。
ですが、ED治療薬には本来得たい作用とは別の作用、つまり副作用が出てしまう場合があります。
個人輸入などの通信販売で簡単に手に入れることができますが、本来は医師に処方してもらうべき薬です。
正しく使用しなければ大きなリスクを背負うことになるかもしれません。
ED治療薬の副作用には顔のほてりや目の充血、めまいなどが多くみられます。
これらの症状すべての原因は共通しており、ED治療薬に含まれる血流の流れを抑える働きをもつ酵素が身体全体に効いてしまうためです。
その他の症状には鼻炎のような鼻づまり、筋肉痛のような腰痛や腰背痛などがあります。
これらの症状は風邪や筋肉痛などの症状と間違いやすく副作用であることに気づきにくいため注意が必要です。
また消化不良を起こしやすくなり下痢気味になったり視界が青みがかって見えてしまう視覚異常なども報告されています。
特に勃起持続や中折れ防止の効果を期待して本来の用量を守らず過剰に摂取してしまう方も多くみられますが、そのような方には副作用も顕著に表れます。
過剰摂取により失明したケースもありますので注意しましょう。
副作用は健康的な方でも注意が必要ですが、中でも心臓病をお持ちの方は細心の注意を払うべきです。
ED治療薬の中には動悸や頻脈、血圧の変動などの副作用を持つものもあり、これが心臓病を患う方に大きな影響を与えることがあります。
副作用があまり強くない薬なら大丈夫ではないだろうか、と考える方も少なくないでしょうが、副作用の強弱に関わらず心臓に疾患をお持ちの方は使用を控えたほうが良いでしょう。
自分は健康に自信があるから副作用があまり強くない、あるいは出にくいといわれている薬を服用すれば大丈夫、などと考える方もいらっしゃるかもしれません。
ですがいくら健康な方であっても副作用が出る可能性があります。
決して自分を過信することがないよう、用法・用量を守り吐き気を感じるなど体調に異常が現れた時には使用を中止したほうが良いでしょう。
ED治療薬を服用する際には自身の体調と相談をし体調がすぐれない場合には使用しないこと、あるいは服用後に何らかの異常を感じた場合には直ちに使用を中断することを意識しましょう。
なお回復しない時や症状が重く感じられた時には病院へ行き医師の判断を仰ぐことを忘れないようにしましょう。

メンタル面、体調面を整えることが勃起持続のヒント

EDの原因は年齢によるものだけではなくメンタルによる影響も大きいことが近年の研究により明らかになりました。
確かに年齢が上がるとEDを起こしやすくなる傾向があります。
年齢を重ねるにつれ血管や神経などに様々な障害が起こることがその主な原因です。中でも生活習慣病や嗜好性には注意が必要です。
具体的には運動不足やアルコールを多く摂取することによる肥満、タバコを吸う方にEDの症状が現れやすいといわれています。
これらの身体的な原因で起こる勃起不全を器質性EDと呼びます。
器質性EDの方は勃起持続や中折れ防止のためにED治療薬を用いるよりもタバコやアルコールを控えたり運動をすることを意識したほうが良いでしょう。
身体的な原因で起こる器質性EDに対してストレスや不安、うつ病などメンタル面での原因による勃起不全を心因性EDと呼びます。
心因性EDは大きく2つに分けることが可能です。
1つ目は原因心因で、日常のちょっとしたことがストレスになりそれがEDを引き起こす原因になります。
たとえばパートナーの女性にいわれたちょっとした言葉に敏感に反応しその衝撃で勃起障害になってしまいます。
結婚生活が上手くいっていないとか、経済的なストレスを感じているなどが原因となる場合があるほか、パートナーとの感情的トラブルなども原因となることがあります。
妊娠に対し恐怖心を抱く男性には自慰行為による性欲発散が多くみられますが、それが原因で自慰行為に罪悪感を感じてしまい、勃起不全や勃起持続ができなくなってしまうことがあります。
また毎日疲労を感じていたり睡眠不足であったりする場合にも見られます。
どのケースにおいても自分自身に思い当たる節が見られることでしょう。
もう1つは真相心因と呼ばれるもので、これは日常生活での心理的ストレスはこれといって感じられないものの幼児期の体験や性的なトラウマなど過去の出来事が原因となり勃起不全に至ります。
その多くが無意識あるいは意識下に原因があるため本人には見当がつかず、原因を解明するまでに多くの時間を要したり治療が困難であることも少なくありません。
どちらのケースにおいても医師によるカウンセリングが効果を発揮します。
特に原因心因によるEDは比較的治療が容易であり、薬を服用することによっても効果が得られます。
睡眠の質を上げることで疲れを取ることで勃起不全・勃起持続時間の不足などの悩みを解消することができます。